着物買取の評判口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

着物と一言でいっても、いろいろな種類があります。しかし、小さなお店だと扱える種類が限られていることも多いようです。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していた着物以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【着物買取実績はこちら】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着、などに対応

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のない着物を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

着物買取によくあるQ&A

今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 遺品整理をしていたら古い着物が出てきました。着物の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

着物を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 箱や付属品、証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

着物買取の基礎知識コラム

着物の買取に取りかかる前に査定で高く評価される点をポイントを探ってみました。

ブランド品や、上等な品ならばというのは高値がつく最低条件ですが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなどもかなり重要な問題のようです。

元々の品質は良かったものでも査定のときに傷が見つかったらそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。

私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れて自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうと周りに聞いて回っています。

長く着ていたので傷んでいる箇所もあり買取を断られたらどうしようとあれこれ心配しています。

ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取を止めて、他の方法を探しています。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高値がつく可能性は高いでしょう。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことはくれぐれも忘れないでください。

古い和服を処分すると言ったら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高額査定がつきやすく、色あせや虫食いなどがあると、査定額もぐっと落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるのだそうです。

シミは業者側がきれいにすることもあるとか。

さすがにそこまで悪いのは手元にないので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に見せられるようにしてください。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと明確に示している登録商標になっています。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や所在不明という方も実際にいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。

多くの着物買取業者では、着物と帯の他に帯締めに帯揚げといった小物もセットで売ることもできます。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢は和装の下着だとみられているため一度でも着たものは買い手がつきません。

例外もいくつかあります。

たとえば正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなどうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

それほど重さが苦にならないのであれば、自分の手で和服買取のお店に持参するのが納得の秘訣だと思います。

わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、気楽に断れます。

対面ですからわからないことも聞けますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

もし、分量が多くて持参できないときは、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、ここなら良いというところに家に来てもらえば良いのです。

着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ないとわかっている着物は、手放すことを考え、専門の業者に見てもらった方がおうちが片付き、お財布にもやさしいのではないでしょうか。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので多くのデータを集めて決めたいときにはインターネットの検索を工夫して着物買取業者の評価も調べられます。

保管状態がいいかどうか、製作者は誰かなどいろいろな観点から査定されますが状態が良ければ、大幅な減額はないと考えてください。

箪笥の中の古い着物の処分に頭を悩ませている人は多いでしょう。

最近はネットで和服買取をする業者が増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。

思い出のある大切な着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。

査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、出張・宅配査定もできて、持込の手間が要りません。

正絹のものなど意外な高値になることもあります。

一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を取扱いのない店もありますから、あらかじめ持ち込む前に聞いたほうが良いと思います。

もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。

近くにそういった店がない場合も、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。

着物買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら